採用担当者向けお役立ちコンテンツ

1 2 3 4
  • コラム

    求人広告と著作権~あとからトラブルにならないためのケーススタディ~

    更新日:2009/8/27
     事業の拡大や会社の成長を目的とするはずの求人広告ですが、これに起因する著作権に関連した法律トラブルはあとを絶ちません。ここでは、実際に起こったいくつかのケースから、求人広告に関する著作権の問題を取り上げ、問題の所在、対策、教訓について整理してみたいと思います。
  • コラム

    江戸時代にもあった人材派遣業「桂庵」その名の由来と、江戸時代の派遣業の実態は!?

    更新日:2009/7/29
     日本の派遣労働者は今や300万人を越え、新しい働き方として何かと注目を集めています。近代的な人材派遣システムが日本に導入されたのは1960年代ですが、日本の人材派遣業そのものの歴史は意外と古く、江戸時代にはすでに「桂庵(けいあん)」と呼ばれる人材派遣業者が多く存在していました。
  • コラム

    人事評価の進化は「悪癖」にヒントあり!ディレールメントを活用してキャリアから...

    更新日:2009/7/29
     優秀な人物に出会うと、大概の場合、私たちは「彼らのようになりたい」という憧れを抱きます。そして彼らの行動特性を真似ようとすることが多いものです。ビジネスマン向け雑誌で「成功者の時間管理術・手帳術」や「優秀な人の交際術」などの特集が頻繁に組まれるのも、成功者や高業績者の優れた行動特性を自身の参考にしたいと考える人が多いからだと言えるでしょう。
  • コラム

    「社内インターンシップ制度」を実施する人事担当者の狙い~社員一人ひとりの成長...

    更新日:2009/6/24
     「インターンシップ制度」―この制度は就職を間近に控えた学生を対象とした制度であり、正社員として働く前に就職予定先の会社で学生が実際に働くことにより、その会社・仕事の本質を少しでも理解するという制度です。 会社としては、新入社員が入社してから1日でも早く仕事に慣れ親しんでもらいたいという思いがあります。また、学生としては、就職前に自身がこの先勤める会社の雰囲気をよりリアルに把握したいという思い、また、会社の意見と同じく実務に入る前に少しでも仕事に慣れ親しんでおきたいという思...
  • コラム

    「メンタリング」のルーツはギリシャ神話にあり!古代ギリシャの賢人がとった、若...

    更新日:2009/6/23
     単なるスキル教育だけではなく、社員の全人格的な成長、人間力や総合力のUPに有効とされる「メンタリング」手法。わが国でもIT業界を中心に人材教育の一手法として導入する企業が増えています。 この「メンタリング」、もともとの語源はギリシャ神話に登場する、「メントル」(Mentor)の名に由来しています。古代ギリシャの賢人はいかに若者を教育し、正しい道に導いていったのでしょうか?
  • コラム

    【「企業は人で成り立つ」の原点に立ち返る!】行政が打ち出した人材を育てる雇用...

    更新日:2009/5/20
     景気が悪化すると失業率は増え、企業の求人は激減する、というのが一般的な見方です。  統計局のデータ(平成20年)では正社員の数が前年比マイナス42万人となっており、この数字だけを見ると、事態は深刻だと言わざるを得ないかもしれません。しかし、実際には不況の時期こそ企業にとって採用のチャンスと言えるのです。好景気の時期、求人市場はいわゆる「売り手市場」で、どの企業も「まずは人数確保」という動向になりますが、不況の時期は逆に、求職者が「まずは仕事を決めたい」「仕事内容よりも安定し...
  • コラム

    【「試用期間」の本質と運用】条文と判例で考える、試用期間の性質と注意点とは?

    更新日:2009/4/27
     新規に従業員を採用するときには、試用期間が設けられることが多くなっています。しかし「いつでも自由に解雇できる」「社会保険が不要」などの俗説が多く、混乱を招きやすい分野でもあります。試用期間であっても、会社と労働者が正式な労働契約を結んでいることに違いはありません。  そのことを念頭に、試用期間についての注意点をみていきましょう。
  • コラム

    【ビジネスパーソンの服装講座】「装いに教養」?!ビジネスの場における正しい装...

    更新日:2009/4/27
    「正装」という言葉があるように、装いにはその場に合った正しい服装というものがあります。これは個人の常識を量るうえでも重要な要素となり、面接官にとっては、相手を判断するひとつの参考材料となります。
  • コラム

    【従業員の勤怠管理 に必要不可欠なツール「タイムカード」】経営サイドと雇用側を...

    更新日:2009/4/9
    会社に勤める多くの人は出・退勤時に自身の労働時間を正確に記録します。その際に使用する機器が「タイムレコーダー」。構造はとてもシンプルで、従業員一人ひとりが持つ専用のタイムカードと呼ばれる台紙を機器に通すだけで、正確にその日の就業時刻・時間が計測でき、現在では紙に代わりカード型の物も多く出回っています。
  • コラム

    【中国新労働契約法施行!日本企業への影響は?】「労働者保護」の施策に日本企業...

    更新日:2009/4/9
    【新労働契約法誕生の背景】  日本でも表面化している「格差問題」。中国でも年々貧富の差が拡大し、日本以上に深刻な社会問題になっています。これを受けて胡錦涛・温家宝政権が打ち出したスローガンが「和諧社会実現」です。そして「和諧(=格差のない調和のとれた)社会の実現には、全ての労働者が正当な権利を有することが不可欠」という考えにもとづいて生まれたのが、この新労働契約法なのです。
1 2 3 4

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加