EQとは

EQとは

EQ(Emotional Intelligence Quotient)とは?

IQ(知能指数)に対して「こころの知能指数」と呼ばれるEQ(Emotional Intelligence Quotient)は、1990年に米国の心理学者ピーター・サロベイ博士とジョン・メイヤー博士によって提唱されました。
両博士の研究テーマとは「ビジネスで成功する人に必要な能力はどこにあるのか?」ということでした。
多数のビジネスパーソンの調査によって、ビジネスの成功者は、単にIQが高いわけでなく、総じて「対人関係能力」が優れていることが証明されました。
EQとは?
これらの成果をもとに心理学的見地からまとめられたのが、EQ理論です。
世界的には『EQこころの知能指数』(ダニエル・ゴールマン著、邦訳は講談社刊)がベストセラーになり、世界トップ企業といわれる「フォーチュン500社」のうち、8割の企業が教育などの研修等によって自社になんらかの形でEQを導入しています。
日本でも企業や研修だけでなく、教育現場における人材育成などにおいて各自治体などでも広く取り入れられるようになってきています。
EQとは、感情を上手に管理し利用することで、「前向き」な感情を生み出すことを主眼としています。
「明るい」「喜び」「楽しい」「意欲的な」「安らぎ」「やる気」といった積極的な感情です。
こうした感情は前向きな思考につながり、前向きな行動を生み、成果に結びつけることができるのです。
前向きな感情は大きな「資産」でもあるのです。
みなさんの企業や職場にいる、上司や同僚、部下たちから仕事ができると一目置かれ、人格的にも尊敬されているような人材。そういった人材が持っている能力はどのようなものでしょうか。

 ビジネスに必要な能力には、IQやスキル、業務知識や経験など、いろいろなものが考えられますが、優れた人材はこれらの能力に加えて、仕事に対する高いモチベーションや、相手の気持ちを理解し、行動できる能力を持っています。

 こうした「人間的魅力」を支えているのがEQなのです。 

パソコンにたとえると、EQは基本システムであるOS(オペレーション・システム)といえます。
その土台がうまく機能してから、はじめてIQやスキル、業務知識などのアプリケーション・ソフトが最大限に発揮されるようになるのです。 
一般的に、学歴があり、IQが高く、物事を正確に処理できれば、仕事ができる人とも思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。いくらIQが高くても、すぐに怒ったり、動揺したり、人の気持ちを察知できない人は、人間関係を発展させていくことができず、必然的に仕事の成果を上げることも難しくなるものです。
人間は、ショックな出来事が起こったり、極度の緊張状態が続いたりすると、集中力や判断力、論理性、記憶力等の能力が低下して、本来の能力を発揮できなくなるものですが、このいざという時に能力が発揮できる人は、 EQが高い人ということになります。
人材採用時に、このEQをベースにした適性検査を実施して判断していくこともできますが、EQは、先天的な性格だから変わらないというものではなく、トレーニングすることで鍛えていけるものなので、社員研修に組み込んで、一人ひとりの能力を伸ばしていくことも可能です。

EQを細かくみると

EQを細かく見ると
EQを細分化すると、
「感情の識別」
「感情の利用」
「感情の理解」
「感情の調整」
という4つのブランチ(構成能力)で形成されています。
ブランチ 定義
(1)感情の識別 気持ちを読み取る能力です。感情には客観的な情報が含まれています。この情報は、内面の世界であれ、社会であれ、自然環境であれ、われわれが身を置く世界でおこっている出来事についての信号です。人とのコミュニケーションを効果的に図るには、人が感じている感情を正確に識別し、自分の感情を正確に認識する必要があります。
(2)感情の利用 ふさわしい気持ちになる能力です。自分がどのように感じているかは、何をどのように考えるかに影響を及ぼします。感情は重要な出来事に注意を向けさせ、何らかの行動を取るための準備をさせ思考プロセスを導き、問題解決の手助けになります。
(3)感情の理解 気持ちから未来を予測する能力です。感情は成り行き任せに起きるのではありません。そこには潜在的な原因があり、一定の規則に従って変化します。だから、感情を理解することが可能なのです。感情に関する知識は感情を表現するボキャブラリーの豊富さに比例し、感情面においてこれから起こりうる出来事を分析する能力に反映されます。それらを活かして感情を理解する必要があります。
(4)感情の調整 気持ちをともなって実行する能力です。感情には判断の基準となる情報が含まれており、思考を左右します。したがって、思考や問題解決、判断や行動と感情を知的に統合する必要があります。そのためには、好むと好まざるとにかかわらず、さまざまな感情に対して常にこころを開いた状態を保ち、集めた感情の情報を意図的に選択し、活用する必要があります。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加