新入社員のためのELP(Emotional Literacy Program)‐スリッパELP‐


教育研修の概要

会社に勤めるということは、自らが所属する組織やお客様など多くの人間と関わりながら仕事をすることです。自分や相手の気持ちを「感じる力」は、変化の激しい今日の難局を切り抜けていく上で、最も重要な力といえる。人を思いやるこころの基本は躾にあり、「スリッパを揃えられる」ような社員を育成することが躾教育の原点といえます。

期待効果

自分自身の印象管理やこころ・感情の動きに関心を向け、自分自身を内省することのできる社員を育成する。自分と他者との違いを知り、相手を受け入れるしなやかさを身に付ける。

プログラム例

1日目
「感情の大切さ」第一印象、「セルフサイエンス」EQとは、EQ検査による自己理解
2日目
「清掃活動」「コミュニケーション能力強化ワーク」「ホスピタリティを高める」
3日目
「こころの鍛え方」「目標設定」

教育研修について一言

自分から明るく挨拶ができる社員、いつもこころから感謝できる社員、自分のミスを素直に認められる社員を育成します。

お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加